声優になりたいなら、まずは専門学校に資料請求しよう

活躍

keiyaku

声優とは、声によるナレーションや演技を行う職業である。しかし、近年ではその活躍の場は多方面に広がっている。
声優の仕事の内、声をメインとする仕事の例を以下に挙げる。

アニメアニメーションに登場するキャラクターの声を吹き込む。アテレコやアフレコと呼ばれることもある。スタジオで、スクリーンを見ながらマイクに声を吹き込むというスタイルが一般的である。
【洋画】海外の映画の日本語吹き替え版を作成する際に、俳優の声を吹き替える。俳優の口の動きに合わせる必要があるため、高い技術が求められる。
【テレビ番組のナレーション】テレビ番組で、ナレーションを担当する。ドキュメンタリー、情報番組、クイズ番組、料理番組など、ナレーターが活躍する場は多い。
【ゲーム】ゲームに登場するキャラクターの声を吹き込む。近年のRPGゲームの中には、キャラクターのセリフが全て声優によって吹き込まれた「フルボイス」のものも多い。
【アプリ】スマートフォンアプリのゲームにも、キャラクターの声が吹き込まれているものがある。

多方面

声優の仕事は、声による演技やナレーションのみにとどまらない。タレント活動ともいえる、多方面な仕事をこなしている。
<パーソナリティ活動>
人気が出ると、個人のラジオ番組を持つことが多い。近年では、ネットラジオの普及によって、さらにパーソナリティ活動の場は広がっている。
また、ネットで配信する動画の司会を担当したり、ゲストとして出演したりすることもある。
<音楽活動>
アニメ主題歌やキャラクターソングを中心に、声優が音楽シーンに進出するようになった。近年では、キャラクターとしてではなく、アーティストとして人気を集めている人も多い。
声優のCDがオリコンチャートで上位になることも珍しくない。ライブ活動も、盛んに行われている。
<演劇活動>
声による演技だけでなく、舞台役者として活動している人も多い。もともと、ベテランの多くは劇団に所属していた俳優である。
<イベント活動>
アニメやゲームに関わる様々なイベントに出演する。また、劇場版のアニメが公開される時に、出演者が映画館で舞台挨拶をすることも多い。

プロダクション

manabu

アニメのキャスティングは、オーディションで行われるのが一般的である。
ただし、そのオーディションは一般に対して募集されることはない。業界内のプロダクションに対して告知され、各プロダクションが所属俳優をオーディションに送り出す形となる。
そのため、声優の多くはプロダクションに所属してマネジメントを受けている。アニメだけでなく、吹き替えやナレーションの仕事もマネジメントしてもらえることが一般的である。

プロダクションに所属するまでの道のりは、人それぞれである。
外部から所属オーディションに挑戦し、合格して所属する人もいる。一方、プロダクション付属の養成所でレッスンを受け、ステップアップする形で正所属となる人もいる。
有名プロダクションの所属オーディションは、競争率が数十倍の難関だと言われている。そのため、演技に関する経験や専門教育を受けた人でなければ、合格は難しい。
プロダクションに所属するまでに、専門学校スクール、劇団などで数年以上の経験を積むというケースが大半である。


おすすめ外部サイト

声優のオーディションを受けるなら「日本タレント協会公式サイトテスト」
スタイリストを育成してくれる事で評判なのがココ!|マロニエファッションデザイン専門学校